20代30代の転職は長期的なキャリアプランを考えて企業・職種を選ぼう。キャリアプランは時代の変化に合わせて変えるべき理由

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain

転職活動をこれから始めるのであれば、何がやりたいのかを明確にするだけでなく、長期的なキャリアプランも考えた方がいいでしょう。
一般的には5年後、そして10年後にどのようなライフスタイル、地位、収入を手に入れたいのかということから考えていきます。当然それは今までと変わらずに必要なのですが、それ以外にも私達が意識していかないといけないことがあります。それは時代の変化です。

72年周期という有名なライフサイクル理論がありますが、それで言えば現代は戦後70年を迎え新たな転換期に入っているともいえるのです。その社会的な変化と企業や求人がどのように絡み変化するのか、それを予測することがこれからのキャリアプランを考える際には必要なのです。


時代の変化を意識してキャリアプランを考えた方がいい理由

f:id:moguhausu2:20150901171230j:plain
冒頭でもお伝えしたように、これからのキャリアプランを考える上で時代の変化を無視することは出来ません。
例えば20年前にはスマートフォンなんて概念は一切なく、ノートパソコンがここまで誰もが持つようになる状況なんてイメージできなかったわけです。それが今では会社に入社すればタブレットやノートパソコンが支給されるのが当たり前です。ITからは遠いように思えた医療機関や役所も電子化がどんどん進み、事務職にとってPCスキルは必須の能力となりました。

もはや最低限のPCスキルがなければ全く仕事にならないような社会が出来上がっているのです。

このことは今であれば当然なのですが、たった20年でこれだけ変化したという事が今回の話のポイントです。これから10年~20年経てば同じような変化が訪れる可能性が非常に高いと言えるからです。50代の方であれば時代の変化は考えずにこのまま定年退職を迎えられる可能性が高いでしょう。しかしながら、あなたがもし2015~2020年時点で45歳以下だとしたら、時代の変化は無視できないものなのです。
20代、30代であれば、なおさら今後の時代のうねりは大きなものになるでしょう。

改めて自己分析をしっかりしよう

f:id:moguhausu2:20150608133958j:plain
先ほどお伝えした時代の変化をしっかりと予測していくことは、キャリアプランを考える上で当然欠かせません。しかしながらその前提としてもっと重要なことがあります。それは自己分析です。

自分のことを徹底的に理解していくことが大切です。自分は本当は何がしたいのか、何に情熱があるのか、どういうことであれば苦痛なく継続的に取り組んでいけるのか、とにかく自分で自分のことを徹底的に理解していくのです。
そこから見つかったやりたいことや、そこから組み立てられたキャリアプランは強固なものになります。何故なら、そこには自分の軸があるからです。

自分軸がなければ職業選択は知名度やお金や地位といったものが基準になります。それを基準にすることが悪いわけではないのですが、それだけが基準になってしまうと情熱が続かずせっかくの転職が台無しになってしまう可能性があるのです。
ですから転職活動で実際に動き出す前に、自己分析は必ず行いましょう。

学生時代に十分やったと思われるかもしれませんが、人の興味や関心というのは経験によって変化するものです。ですから転職の直前のタイミングでしっかりと自己分析することが大切になるのです。そして改めて人生のビジョン、ゴールを明確にしましょう。その上でキャリアプランを考えていくことが大切なのです。

2016年以降の働き方について考えよう

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
それではこれからどのような時代になっていくと予測が出来るのでしょうか。
まず単純労働はどんどん機械化が進んでいく可能性が高いでしょう。例えば工場のライン作業のようなものもそうですが、電話のオペレーターも人口知能にとって代わられる可能性が高いです。

実際に海外では既に人口知能による電話オペレーターが出来ているという話がありますので、それが日本に入ってきて拡大していく可能性があるでしょう。そうなると次に産業として盛りあがってくる分野は何なのでしょうか。

ロボット分野やそれに関連がある産業はこれから時代の流れの主流となるかもしれません。それに伴いもっとIT化があらゆる業界で進んでいけば、ITリテラシー無しで転職活動は出来なくなるでしょう。

こういったことはほんの少しの予測にしか過ぎませんが、少なくともどんどん発展する社会や技術についていけないと、転職や就職で苦労しそうなことは予想が出来ますよね。そうなってくると確実に必要なのはITの技術、そして自分をしっかりと表現できるコミュニケーション能力です。これらが全ての土台になる能力でしょう。

そしてあなたが興味のある業界の未来を予想してみてください。それにより、これからどのようにキャリアを積んでいけばいいのか、どのような技術を身につけたらいいのかが、見えてくるのです。

キャリアプランの作成に苦労しているなら転職エージェントに相談しよう

自己分析やキャリアプランの作成は、非常に手間と時間のかかる作業です。
今後、どんな仕事に転職するべきなのか、悩んでしまい手が止まってしまう人も多いでしょう。そんな時は、転職のプロである転職エージェントに登録して、プロであるエージェントにキャリア相談をするのがオススメです。

転職エージェントは、今伸びている業界や、今後、生き残るであろう優良な企業、使えるスキルが学べる求人など、総合的な視点からアドバイスをしてくれます。
一人で悩んでいるだけでは見えてこなかったヒントを、エージェントからもらえる事もあるので、ぜひ活用してください。

転職エージェントの選び方については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com

現代は技術による変化が激しいですが、しっかりとキャリアを考えて働いていけば、時代に取り残されることはありません。
ぜひ転職でチャンスを掴み、自分を成長させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする