在職中に転職するなら転職エージェントを上手に使おう。キャリアプランを相談しておけば方向性が見えてくる

f:id:moguhausu2:20150927153212j:plain
在職中に転職を考えた時、多くの人は転職サイトを見たり、転職に関する情報をネットや書籍で調べます。
転職の体験談や求人を見て「自分でも転職出来そう」と思うのは良いことなのですが、問題は自分の思い描いたキャリアプランが、本当に可能なのか、本当に自分のやりたいことなのか、という点が曖昧になっている点です。

転職にありがちなのが、青い鳥症候群です。
隣の芝生は青く見える、という言葉があるように、今の職場に不満が溜まっていると、求人広告の内容が三割増しに良く見えてしまい、軽々しく転職先を決めてしまうケースが多々あります。キャリアプランをしっかり考えて転職をしないと、せっかく転職をしたのに「何か違う」と満足のいかない結果になってしまいます。

また、在職中の転職活動では、情報収集にかける時間が少なく「早く転職をしたい、今の仕事を辞めたい」という心理から焦ってしまい、ろくに準備もせず求人に応募をしたり面接に挑むのも、ありがちな失敗です。

転職は事前の準備・調査が一番重要です。転職の成功と失敗を分けるのは、しっかりと自分のキャリアについて方向性を明確にすること、それを面接官に分かりやすく伝える事です。
そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して、プロに相談しながら転職の方向性を決めるスタイルです。

今回は在職中の転職において、転職エージェントを上手に使う方法を紹介します。


転職は結婚相手を探すのと同じ

例えばの話ですが、結婚相手を選ぶ時、あなたは慎重に選びますか? それとも直感で選びますか?
結婚は一生の問題ですから、パートナーを選ぶ時はどちらにせよ真剣に選択をしますね。転職も同じで、一生勤めるとまではいかないものの、転職は生活を変える大きな決断です。だからこそ、真剣に取り組まなければ成功の確率は上がりません。

転職における成功というのは、希望の会社の内定が取れる事ではありません。内定をとって働き始めて、実際に自分の希望条件にあった会社だと実感するまでが転職なのです。いざ入社してみたらイメージと違った、という事では転職した意味がありません。

会社が違えば文化や仕事のやり方、働く人々は大きく変わります。転職では、求人選びの段階からしっかり吟味しなければ成功はあり得ません。

転職のデマに騙されるな

転職には多くの噂があります。
例えば

「30歳になったら他業種への転職は難しい」
「職歴1年未満だと100社応募しても内定が出ない」
「未経験者歓迎は25歳まで」

など、特にネガティブなものが多く見られます。
しかし、転職において絶対はありません。会社によって求める人材は異なりますし、価値観も違います。昔のように転職があまり頻繁でなく、どの会社も同じような価値観であればこれらの噂は本当だったのかもしれません。

しかし、現代は転職が当たり前になり、ガラケーがスマートフォンに変化して、新たにソーシャルゲーム業界がバブルになったりと、時代は代わり栄えている産業も変化しています。その分、会社の価値観は多種多様になり、転職に絶対は無くなりました。

有利不利はあれど、転職においてネガティブな噂はあまり信じないほうが吉です。

プロに相談することで新しい可能性が見えてくる

在職中の転職活動となると、使える時間や体力は限られてきます。
転職本を読めば自己PRの書き方や面接ノウハウは分かりますが、自分のキャリアプランや内定の可能性のある求人、自分が活躍できる業界の情報は載っていません。そのため、キャリアの方向性については自分自身で考える必要があります。

一人で考えこむと、一人よがりな結論に至るケースが多いです。
転職において、大事なのは客観的にキャリアを俯瞰し、自分がやりたい仕事、活躍できる仕事を見つけることです。しかし「私には出来ない」といった弱気。「私には出来る」といった驕り。「憧れの業界・会社だから」という理想。
上記のような、様々な要因があなたの目を惑わせるでしょう。特に転職回数が少なく、まだ多くの会社を見ていない人ほど思い込みで転職先を決めることが多いです。

そういった主体的な思い込みを排除するためには、プロに相談してアドバイスを貰うのが一番です。
そこでオススメなのが、無料で利用出来る転職エージェントに登録し、土日など休みの日にキャリア相談を行うことです。

転職エージェントは転職のプロですから、あなたの職歴や希望条件を客観的に判断して、ベストな方向性、あなたにあった求人をピックアップして紹介してくれます。

あなたが想像もしなかった求人、業界を紹介してくれることもあり、自分一人では見えなかった事実がエージェントによってもたらされるケースがあります。星の数ほどある求人の中から、自分にあった仕事を選ぶのは大変です。
在職中に求人を探すとなれば、なおさら時間が無く先延ばしにしてしまいがちです。

だからこそ、サポーターである転職エージェントを利用して、転職を上手に進めましょう。
転職エージェントは書類の書き方や面接の受け答えの例なども教えてくれるので、いざ理想の求人が見つかった時に、応募準備に慌てずに済みます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

在職中から準備をしておけば怖いもの無し

もし転職エージェントに相談してみて、いまいち転職する気が起きなければ、在職中であれば「転職しない」という選択肢を選ぶことも可能です。
これが退職後の転職になると、さすがに「転職しない(職につかない)」という選択肢はリスクが大きいため、転職せざるを得ない状況になります。在職中の転職は大変ですし、一気に全ての準備を行う事は出来ません。ですので、まずは転職エージェントに登録して、キャリア相談や求人の紹介をしてもらい、本当に自分が転職すべきなのかの判断材料にしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする