寝つきが悪い入眠障害の社会人が生活リズムを元に戻す方法。寝つきを良くする習慣とは?

f:id:moguhausu2:20150824180056j:plain
人間はストレスが過剰にかかっている状態や、長時間労働でハイになっていると寝つきが悪くなり、睡眠時間が少なくなる傾向があります。
仕事のストレスや疲労が原因で睡眠の質が下がると、疲れているのに眠れない、寝つきが悪く寝てもスッキリしない、朝が辛い…など、いわゆる入眠障害と呼ばれる症状があらわれます。

一度、入眠障害になってしまい、昼夜逆転のサイクルに入ってしまうと、会社に遅刻するようになったり、なんとか会社にたどり着いても昼頃に眠気に襲われる、といった弊害が出てしまいます。

入眠障害を克服するには、どうすればいいのでしょうか?
今回は睡眠薬に頼らず入眠障害を治す方法を紹介します。


大元の原因であるストレスを取り除くことが大事

当然ですが、一番の解決策は大元である仕事のストレス・疲労を取り除くことです。
労働時間の見直しや、有給の申請をしてリフレッシュすることが大切です。しかし、入眠障害が一度ついてしまうと、1日や2日の休みでは元にもおらず、仕事に復帰したらまたぶり返してしまう…というケースがほとんどです。

一番良いのは、入眠障害が出る兆候が現れたら仕事をセーブすることですが、現実問題、予防は難しいです。
そのため、社会人が入眠障害を治すなら、習慣療法で治すのが現実的でしょう。

睡眠時間の不足は昼寝で補おう

入眠障害になると、どうしても夜寝る時間が遅くなり、結果的に睡眠時間が削られてしまいます。
社会人の場合、フレックスタイム制でない限り、朝起きる時間は引き伸ばせませんから、起床時間は固定されているとして、合計の睡眠時間が少なくなってしまいます。すると、ストレスからイライラしやすくなったり、仕事中に睡魔に襲われたりします。

かといって、変な時間に寝てしまうと、また夜寝れなくなってしまうという悪循環です。
そこでオススメなのが、昼に10分〜15分の仮眠を取ることです。

椅子に座ったままでも良いので、軽い昼寝を休憩時間にとりましょう。
昼寝は夜の最も深い睡眠のピークと同じくらい疲労回復効果があり、なおかつ短時間なので生活リズムを極力崩さないまま体力を回復することが可能です。

オフィスや休憩できるスペースで、アイマスクをして10分ほど休むなら仕事にも支障は出ませんから、ぜひ取り入れましょう。

最も重要なのは夜寝る前に行う行動です

夕飯以降、つまり夜8時以降の過ごし方は、寝つきの良し悪しを決める重要なポイントです。
テレビは夜10時頃に切り上げて、パソコンも10時を目安に使わないようにしましょう。液晶の明かりは脳を刺激し、入眠の妨げになります。もちろん、スマホもNGです。

普段はシャワーで済ませている人でも、できればお風呂にお湯を張って、ゆっくり30分ほど浸かってください。
全身を暖めることで、血行の流れが良くなり、入眠がスムーズになります。お風呂は最もリラックス効果がある習慣ですから、入眠障害の治療には必須です。

医者に睡眠薬を処方されている人は、ここで睡眠薬を飲むことになりますが、睡眠薬は常習性が高く、一度使うと手放せなくなるケースもあるのであまりオススメは出来ません。
睡眠薬は最後の手段として、できる限り自然療法で治療を行いましょう。

寝る前に飲むものは、ホットミルクやハーブティーなどリラックス効果があるものが良いです。
しかし、本格的に入眠障害を治すならば、一番オススメなのは入眠障害の治療に特化したドリンクを飲むことです。
おすすめの睡眠促進ドリンクはSuyattoというハーブ配合のドリンクです。

休息不足に24種類のハーブの力【Suyattoハーブの休息】



Suyattoはストレスを鎮めるユリ根や疲労回復効果があるナツメなど、自然にあるハーブを配合して作られた入眠用ドリンクです。生活リズムが崩れ、睡眠の質が悪い人や、寝つきが悪い入眠障害の人向けに研究された休息用ドリンクなので、睡眠前に飲むドリンクとしては効果が最も期待できます。

ハーブ成分を中心にしているので、睡眠薬のように常習性もありませんし、ホットミルクや市販のハーブティーよりも休息の質のアップ、入眠の手助けに特化しているので、重い入眠障害の人にこそ効果がありおすすめしたいドリンクです。

また、こういったドリンクは飲みにくい・苦いことが多いですが、Suyattoは飲みやすさにもこだわっており、ハーブティーのような味わいで美味しく飲める味になっています。
適量である付属のカップ一杯を飲むだけで、配合されたハーブの成分が身体の巡りと神経の状態を改善し、入眠をしっかり手助けしてくれます。

寝付きを良くするには、ぜひこれらの習慣を心がけましょう。
社会人は体調管理が大切ですが、どうしても忙しい時期は休めない、ストレスフルな環境で働かざるを得ないことが多々有ります。

ぜひ睡眠の質、寝付きの良さを改善して、睡眠の悩みを解決しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする