編集プロダクションを辞めたい人は転職してキャリアを変えよう。電子書籍関連の編集者がオススメ

出版に関わる仕事といえば、出版社の他に編集プロダクションに就職するという方法があります。
しかし、編集プロダクションは出版社の下請けであることが多く、その労働環境は劣悪で有名です。長時間労働はもちろん、給料も低く、年収300万以下の編プロもザラです。

年収1000万オーバーの出版社勤務とは雲泥の差で、簡単に入れる分、大変な仕事になっています。

「出版に関わる仕事がしたくて編プロに入ったけど、ブラック過ぎてもう辞めたい」

そう思っている方にオススメなのは、電子書籍関連の会社に転職して編集者としてのキャリアを築く方法です。

今回は編集プロダクションを辞めたい人向けの転職方法について紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする