病院薬剤師で人間関係が辛くて辞めたい人はまったりドラッグストアに転職しよう。縦社会の病院は働きにくい

病院薬剤師は薬剤師の中でも製薬会社と並んで人気の就職先です。
年収テーブルも高く、薬学・医療の最先端で仕事が出来るため、知識やキャリアが磨ける、というのが人気の理由なようです。

しかし、病院という職場は医者を頂点にしたピラミッド社会で、薬剤師は低い立場に見られることが多いです。
そのため、人間関係が悪い病院が多く、気の強い薬剤師以外は精神的に追い込まれることもあります。

また病院は看護師をはじめとして女社会も多く、一度、派閥の人間と対立するとグループ単位で人間関係がこじれるので、非常に厄介です。病院と聞くと専門職の集まり、プロフェッショナルの集まりのように聞こえますが、実際は「病院でしか働けない人」も大勢いる閉鎖的な社会です。

今回は病院に勤める薬剤師が人間関係につまづいた時の対処法、ドラッグストアへの転職のオススメ理由について紹介します。


病院にも労働環境が最悪なブラック病院がある

病院と一口にいっても様々で、規模に関わらずモラルの低い病院、働いている人間が劣悪な病院は存在しています。
外からは分かりませんが、いざ働いてみると上司が最悪、常にピリピリした雰囲気、医者が横柄、などストレスフルな職場であることはしばしばあります。また、研修や論文や勉強会などは病院勤務でもドラッグストア勤務でもありますが、病院勤務の薬剤師はなぜかそういった時間外労働は自主活動としてサービス残業にされてしまうことがあります。

これは看護師にも言えることで、看護師の時間外の勉強会がサービス残業になっているところは、同じく薬剤師もサービス残業を強要されることが多いです。これは病院の悪しき伝統や労働法への理解の欠如から起きていることで、残念ながら一個人が文句を言っても改善されるようなことではありません。

「医療に携わるものとして勉強や論文は当たり前。残業代なんて図々しい」

と当然のようにいう人が、たまに病院にはいます。
社畜ならぬ医畜にならないためにも、この非常識に疑問を持って、もっと働きやすい職場に転職することが大切です。

ドラッグストア勤務は夜勤がなく残業代もしっかり出る

病院に比べて、ドラッグストアの薬剤師は夜勤もありませんし、勉強会などの残業代もしっかり出ます。
というのも、ドラッグストアは製薬会社や病院勤務に比べて新卒薬剤師に人気があまり無いのと、ライバルであるドラッグストアチェーンとの競争が激しく、人材を獲得するのが大変だから待遇を良くしているのです。

薬剤師不足の今では全国チェーンのドラッグストアでも勤務地の融通が効きますし、残業代全額支給、休みも多くとれるドラッグストアがほとんどです。ドラッグストアは病院全般に比べて経営力があり、財政がしっかりしているので薬剤師に支払う報酬や労働条件を良く出来るのが強みです。

さすがに製薬会社や病院勤務に比べると将来の年収は下がりますが、それでも年収500~600万前後とそこそこの水準で、なによりワークライフバランスが取れるため病院薬剤師から転職するのにオススメです。

病院だけが職場の全てではない

新卒の薬剤師に多いのが、病院で理不尽な目にあったり、人間関係が悪化しても「仕事はこういうものだ」と思い込んでしまい、我慢してしまうことです。しかし、病院はある種、特殊な職場であり、典型的な縦社会かつ村社会なので、そこで行われていることが常識とは限りません。

20代のうちは視野が狭く、他に社会経験もありませんから、なかなか比較することが出来ないと思います。しかし、もし現在の職場、人間関係に疑問を感じたら我慢するのではなく、転職という選択肢を視野に入れるべきです。
薬剤師は資格職ですから、転職が一般職に比べて簡単です。だからこそ、フットワークの軽さという強みを活かして、ダメな職場には早め早めに見切りをつけて働きやすい職場を探すことが大切です。

働きやすい職場は転職エージェントを利用して探そう

病院にも良し悪しがあるように、ドラッグストアにも働きやすい職場、働きにくい職場があります。
せっかく転職するのに、またサービス残業に苦しんだり人間関係がおかしなドラッグストアには就職したくないですよね。

そこで、そういったミスマッチを防ぐのに有効なのが薬剤師専門の転職エージェントを利用して転職活動をすることです。

薬剤師専門の転職エージェントはジョブデポ薬剤師がオススメです。



ジョブデポ薬剤師は国内でもトップクラスの求人、非公開求人を抱えている薬剤師専門の転職エージェントです。
ドラッグストアをはじめとして、残業代がしっかりでる職場や人間関係が良好で働きやすい職場の求人を紹介しています。求人はエージェントが事前に審査をしているので、離職率の高いブラックな職場や人間関係の悪い求人、何かしらの問題を抱えている求人は排除してくれているので、安心して転職活動を行えます。

エージェントは薬剤師の労働環境や職場に詳しく、あなたの希望条件にあった職場を紹介してくれるので、安心して相談できるのがポイントです。例えば、残業なしの職場がいい、転勤なしが良い、年収は550万はほしい、男性が多く働いている職場がいい、など細かいニーズにもしっかり対応してくれます。
ドラッグストアは男女比率もバランスが良く、病院の女社会に鬱々としていた人も楽しく働ける職場が見つかりますよ。

また履歴書や職務履歴書の書き方、面接での受け答えのノウハウなども教えてくれるので、はじめての転職でも1からサポートしてくれます。
薬剤師としてのキャリアプランを立てるには、最初の一歩が肝心です。ブラック病院やブラックなドラッグストアに引っかからないためにも、売り手市場の薬剤師といえど油断せずエージェントを仲介して慎重に行うことが大切です。

ジョブデポのもう一つの特徴は、最大40万円の転職お祝い金が出ることです。
40万円もの高額なお祝い金が出るのは大学病院などの大手だけですが、薬局やドラックストアなどへの転職でもお祝い金が出るので、お金のかかる転職者にはありがたい制度ですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする