年収400万以下で激務なら転職を考えるべき理由。あなたの職場はブラック企業かもしれません

f:id:moguhausu2:20150727163648p:plain
昔から、日本の価値観として「激務の人は高給取り」という方程式がありました。
年収が低くてマッタリ働くか、バリバリ働いて高給を貰うか、二択の選択肢が労働者にはありました。

ところが、昨今は年収400万以下でも労働者を酷使する企業が増え始めました。
介護や小売業、外食産業など薄利多売、人件費の圧縮で稼ぎを出している業界は特に酷く、離職率は非常に高くなっています。

現在は通常の中小企業でも労働者が酷使されているケースは多いです。
特に30歳前後になると、あらゆる仕事を一人に集中させて人件費を切り詰めたり、サービス残業を押し付けたりする、といったブラック激務が増えるようです。30歳前後は仕事が出来るようになって、かつ転職が難しいだろうという憶測から、ブラック化しても文句を言えない弱い立場だからです。

しかし、年収400万以下でブラック激務に耐えることは、将来的にマイナスに繋がります。

今回は年収400万以下で激務の人がなぜ転職するべきなのか、その理由をご紹介します。


転職しないというリスク

同じ会社に勤め続けていても、仕事環境や待遇は会社の景気によって大きく左右されます。
東芝やシャープが没落したように、大企業といえど需要が無くなったりコストが大きくなればリストラを行いますし、内部ではブラック化も進みます。もはや、大企業にずっと勤めていれば安全な時代は終わったのです。

中小企業ならなおさら、転職しないリスクは大きくなります。
中小企業はスケールメリットが使えませんから、小回りが利く分、逆に言えば小回りの出来るフットワークの軽さが経営陣になければすぐに泥舟化します。泥舟になると、人件費を切り詰めるために、今まで二人でやってきた作業を一人にしたり、納期を短くしたり無茶苦茶なことをし始めます。

経営陣がやりたい放題をしているのに、我慢して働き続けても何もいいことはありません。むしろ、身体を壊したり、酷使されて最後は使い捨てにされるだけです。

転職しないで激務に耐え続けても、残るのは後悔と年齢による転職ハンデだけです。
もしブラック化した中小企業に勤めているのなら、一度考えてみましょう。自分の労働は経営陣による搾取を受けていませんか?

転職は30代までなら誰にでもチャンスが有る

今や転職は当たり前になりました。
20代はもちろん、30代でも転職をして良い労働環境を手に入れる事は必須スキルとなり、転職が出来ない人は搾取され続けるというのが今の日本の労働市場です。

真面目にコツコツやっても、経営陣の懐を肥やすだけならば、いっそ転職してしまうのが正解です。

よく「30代になると転職の幅が狭くなる」と言われていますが、そんなことはありません。
職歴があれば転職は必ず出来ます。どんな経験も「社会人経験」として武器になりますし、人材を求めている企業は日本中たくさんあります。

よく誤解されるのが、TOEICや技能が無いと転職は難しい、転職しても年収が下がる、という誤解です。
資格や特別なスキルがなくとも、社会人経験さえあれば転職は出来ますし、年収も業界や会社の景気によって上げることは可能です。

年収400万以下で激務な会社にしがみつくよりも、年収が20万下がってもまったり働ける場所の方が、時給や精神的負担で考えたらお得なこともあります。

今の待遇に不満なら、それを解消する方法は転職しかないのです。

成功する転職のコツはエージェントサービスにあり

とはいえ、転職活動はとてもエネルギーと時間を使うものです。特にエントリーシートの作成や履歴書、職務履歴書の作成、面接の練習、求人の取捨選択などやるべきことはたくさんあり、正直、面倒臭いというのが正直なところです。

それに、失業保険のある3ヶ月以内に内定が出なかったらどうしよう、という不安もありますよね。特に結婚している人は、これからお金がかかりますから、転職でモタつきたくはないところ。

そんな不安を解消して、効率よく転職するコツは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは登録すると担当エージェントがつき、職務履歴書や面接での受け答えなど、転職のあらゆる面でのアドバイスをしてくれます。また、あなたのキャリアにあった求人のピックアップ、年収交渉や労働時間のチェックなどを自分にかわって行ってくれるため、転職初心者の方でも簡単に年収アップが狙えます。
また、転職エージェントには非公開求人が多く集まっているため、通常の求人サイトから応募するよりも競争率が低く、内定率も高くなります(エージェントからの紹介が必要です)。

自分のキャリアの価値は数値化出来ませんから、なかなか分からないものです。しかし、エージェントは転職のプロですから、あなたのキャリアを客観的に評価して、最大限の待遇が得られる求人を紹介してくれます。
そのため、応募の際に無駄撃ちをするリスクが減って、効率よく内定を得ることが出来るのです。3ヶ月あれば必ず理想の職場に内定を貰えます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

転職が当たり前になった今、転職しないことがリスクになることもあるということを心得ておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする