アラサー無職ニートが社会復帰する方法。正社員に就職するには20代がラストチャンス

f:id:moguhausu2:20150722122628j:plain
何らかの理由で、20代後半、つまりアラサーでニート状態になっている人は

「30歳前には就職して社会復帰しないとヤバイ」

と感じているのではないでしょうか?

実際、30歳になると求人の幅はグンと狭くなり、おまけに空白期間、ニート歴が職歴にあると不利になります。

 アラサーで無職・ニートの方は、今まさにこの瞬間に動かないとヤバイという事を改めて知っておくべきです。

20代であれば、まだ就職の枠は残っています。というより、もはやギリギリです。
就活は婚活と同じで、年齢が上がれば上がるほど特別な魅力(キャリアや専門スキル)が無ければ選択肢が無くなっていくものです。

とはいえ、ブランクが空いている分、就職活動のやり方や社会との接し方を忘れている人が多いと思います。

ここでは、アラサー無職ニートのための、社会復帰のやり方を紹介します。


夜型生活を直す

ニートで昼夜逆転している人は、まず朝起きれるようにならなければなりません。
昼夜逆転を直すコツは、夜は遅くても良いので、とにかく朝早くに目覚ましをかけて無理やり起きることです。

人間の生活リズムは、夜寝る時間よりも朝起きる時間によって決定されます。
朝、無理やり起きて、犬の散歩なりランニングなり、何でもいいので意識を覚醒させてください。

これを繰り返していれば、自然に夜眠れるようになり、昼夜逆転が直ります。

スーツを着て鏡を見てみる

髪型を整えて、スーツを着てみてください。
スーツを持っていない人、スーツがホコリをかぶっている人は今すぐ安いスーツでいいので買ってきて下さい。

スーツは就職活動の戦闘着です。タンスの奥にしまっておくと、引っ張りだすのが面倒、という理由で就活をダラダラ引き伸ばしてしまいます。

まず戦闘着に着替えて鏡の前に立ち「これから就活という戦場に行くんだ」と気合を入れて下さい。
ぬるま湯に浸かってたるみきった心を奮い立たせるには、まず格好から入ることが大切です。

薄い就活本を買ってカフェで読む

アラサー無職ニートから復帰するには「意識高い系」になる必要があります。
恥ずかしがらずに、カフェで就活本をドヤ顔で読んでください。スーツ姿だとなおさら良いです。

カフェは様々な人が利用します。勉強をしている学生やビジネスマンなど、社会で頑張っている人もたくさんいます。
その中に混じって就活本を読んでいるうちに「自分もやるぞ!」という気分になってきます。
おまけに就活本を読めば、忘れかけていた就活のノウハウを思い出せますから一石二鳥です。

就活本は薄いものがオススメです。分厚いとやる気が失せます。

とにかく「自分は出来る人間なんだ」と、なり切る事が大切です。バカバカしいと思わず、自分に自信をつけるためにも、スタバなどの意識高いカフェでドヤってください。

20代向けの転職エージェントを活用する

さて、やる気が出てきた所で就職活動を開始…するのは少し待って下さい。

就職活動をするといっても、どの求人サイトに登録するのですか? リクナビやマイナビは中途採用、キャリア採用の求人が多く、アラサー無職ニートには敷居が高すぎます。

そういった求人サイトに挑んでも、経験者募集、経験3年以上などの圧倒的な壁に潰されて、書類選考で何度も落とされて自信喪失をするだけです。

そこでオススメなのは、20代向けの求人を取り扱っている転職エージェントを利用することです。

かつては既卒やフリーターは例え20代であっても正社員になるのは狭き門でした。
しかし、少子化に加え昨今の売り手市場によって、20代の人材需要は非常に高くなっています。

転職エージェントは20代で正社員を目指す人と、20代の若手社員が欲しい中小企業、中堅企業をマッチングさせる20代向けのサービスも行っています。

「ブラック企業の求人しかないんじゃないの?」

と思う方もいると思いますが、転職エージェントにある求人は、エージェント側がしっかり労働時間や残業時間を審査して取捨選択しているので、就活生は安心して求人に応募することが出来ます。

また「エントリーシートの書き方が分からない」という人や「空白期間をどう誤魔化せば…」と書類作成や面接での質疑応答に不安な人にも転職エージェントの利用はオススメです。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする