25歳無職から正社員に就職する方法と内定を取るコツ。資格なしでも良い企業に就職出来るベストな就職活動とは?

25歳で無職の人が「就職しよう!」と思った際にやってしまいがちな間違いは「まずはアルバイト(派遣社員・契約社員)から始めよう」という目標設定の仕方です。

無職期間が長いのであれば、1年ほどアルバイトや派遣社員をやって働くことに慣れるのは大事ですが、そういった特別な理由が無い限りは正社員を目指すべきです。というのも、正社員への就職難易度は年齢を重ねるごとに難しくなっていきます。

20代のうちは業績の伸びている中小企業やベンチャー企業に未経験・資格なしでも就職出来ますが、30歳前後になってくると途端に就職が難しくなります。
そうなると、リハビリのつもりで始めたアルバイト・派遣社員から抜け出せない、といった状況に追い込まれる可能性があります。

25歳で無職の人は、年齢が若い内に正社員に就職することが大切です。
とはいえ、就職活動をしたことがない職歴なしの人や、ブラック企業で疲弊して無職になってしまった人にとって、いきなり正社員の求人に応募するのはハードルが高いですよね。

ここでは、25歳無職から正社員に就職する際のポイントを紹介します。


就職は応募する企業選びで決まる

まず考えるべきことは、応募する企業をある程度絞ることです。
無職の身なのに仕事をより好みするなんて贅沢では? と思う人もいるでしょう。しかし、企業選びは就活において、とても重要なポイントです。

もし企業選びに失敗して、ボーナスの出ない業績の悪い泥船企業に就職してしまったり、明らかに自分に向いていない仕事、激務で人間関係も悪いブラック企業に就いてしまったら、せっかく就職しても長く働けません。短期離職することになったら、次の就職活動の難易度はグンと上がってしまいます。

そのため、就活を始めたら、まず応募する企業・業界・職務を選ぶ作業をするべきなのです。

業界:食品業界、IT業界、機械業界、小売業界、外食業界など

職務:営業(法人向けor個人向け) 事務(例:経理、総務、一般事務) 技術者(例:プログラマー)作業員(例:工場の工員、電機製造、清掃など)

社会にどんな企業、業界があるのかは本屋の就活コーナーにある業界本を読んでください。
大体のイメージが掴めると思います。

また、業界によっては「人件費を切り詰めて利益を出しているため業界自体がブラック」な業界もあります。2ちゃんねるや転職の口コミサイトを活用して、ブラック企業の多い業界をしっかり把握しておきましょう。

企業選びのポイントは下記の四点になります。

・明らかなブラック企業は避ける
・待遇がよく働きやすい、長く働けそうな会社を選ぶ
・自分に向いている、自分でも出来そうな仕事、職務を選ぶ
・未経験者でも採用の可能性がある求人を探す

自己PRにはバイト歴をしっかり書く

職歴がない人や短期離職をした人にとって、自己PR欄に何を書くかは非常に悩ましいです。
アルバイトや派遣社員としての労働経験がある人は、アルバイト、派遣社員としての経験を書きましょう。それらの就労経験で得た強み、学んだことを自己PR欄に書くのが一般的です。

「非正規雇用での労働経験を自己PRに書いていいの?」

という疑問に関して。
20代の就職の場合、非正規雇用の経験も選考材料になりますので、書いたほうが良いです。

できれば1年以上、同じ職場で働いた経験があるとポイントがアップします。社会保険のしっかりしているフルタイムの派遣社員・契約社員の場合はごまかしが効きませんが、社会保険未加入のアルバイトであれば、アルバイト歴を水増しをしてもバレません。
半年しか働いていなくても、1年働いたことにしても問題ないので、職歴に短期離職しか書けない場合は水増しをしておきましょう。

20代未経験OKの求人を多く扱う転職エージェントを活用する

自分に合った求人を探したり、エントリーシートや履歴書をしっかり考えて書くのは就活のノウハウがないと難しいです。
しかし、初めて就職活動をする人や、就活が苦手だった人にとってこれらの作業は苦痛以外の何物でもありません。

そこで、オススメなのが転職エージェントを利用して就職のプロにサポートをしてもらうことです。

転職エージェントは、かつては社会人が転職をする時にしか使えないサービスでしたが、人手不足の今はフリーターや無職から就職したい! という人にもサービスを提供しており、無料でキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介を受けるサービスまで利用出来ます。

20代の若手社員を求める中小企業と正社員になりたい20代の人材のマッチングをしてくれるので、未経験からの就職には最適なサービスです。

企業は採用の手間が減りますし、求人者は無料でサポートを受けることが出来るので、いま非常に重宝されているサービスです。
特に20代の就職市場は売り手市場で、20代の社員が欲しいけれど知名度の関係でリクナビやマイナビなどで応募しても若い求人者が集まらない企業が多く就職エージェントを利用しています。

そのため、規模の割に待遇が良い隠れ優良企業や、業績の伸びている中小企業の求人がすぐに見つかるのが大きな長所です。その求人も、エージェントが吟味して紹介してくれるので、自分で求人の取捨選択をする必要がありません。
また、履歴書やエントリーシート、面接のノウハウなどを教えてくれるので、内定率もグッと高くなります。
無料で求人の斡旋から内定までサポートしてくれるのですから、これを利用しない手はありません。

さらに、転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

25歳は人生のターニングポイントです。ぜひ25歳のうちに就職を決めましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする