ドイツ語(独検)を武器にする就職活動・転職のコツ。ドイツ系企業の求人が今熱い!

f:id:moguhausu2:20150623103229j:plain
英語を武器に就職活動をしたり転職をする人は多いですが、ドイツ語を武器にしている人は少ないです。
特にドイツ語の検定「独検」を持っているとなると、ライバルがグッと減るのでドイツ系企業に就職しやすくなります。

しかし、英語に比べてドイツ語はドイツ系企業やドイツと取引のある会社に限られてしまいますから、求人数が少ないように思えます。また「ドイツって景気はどうなの?」と疑問に思うこともあると思います。

今回はドイツ語を武器にした就活のコツを教えます。


ドイツは唯一、移民に成功している国家

ドイツに留学をした人ならご存知かと思いますが、ドイツはヨーロッパで唯一、移民に成功した国としてしばしば取り上げられます。経済成長は経済が停滞しているユーロ圏の中でもトップクラスで、ヨーロッパの中では最も強い経済を持っているのがドイツです。

日本人に似て真面目で、しっかり働く国民性が良い方向に働いているようです(イタリアなどに比べて)。

そのため、ドイツはグローバルに商売をしている企業が多く、その商圏は遠く離れた日本も含まれています。特に自動車は日本に劣らずドイツの巨大産業になっており、自動車業界は特にドイツと関わりが強い業界と言えるでしょう。

ご存知の通り、日本の自動車産業はトヨタやホンダをはじめ、日本の経済成長を促した一大産業です。そのため、就労のチャンスも多く、ドイツ語を学んだ人の多くは自動車産業で翻訳や営業などを担当することが多いようです。

ドイツ語は翻訳能力が重要

ドイツ語がペラペラ喋れる人はもちろん就職で強いのですが、ネイティヴ・スピーカーと商談がスムーズに出来るとなると、独検準一級クラス以上でない限り難しいですよね。しかし、ドイツ語をそこまで使いこなせないと就職先が無いのかというと、そんなことはありません。

ドイツ語の翻訳の需要は多く、リーディング能力が最も問われます。
また翻訳する言語としてはドイツ語→日本語やドイツ語→英語などが一般的です。ドイツ語に加えて英語ができれば怖いものなしで、外資系企業、特にドイツ系企業では引き手数多です。

海外営業のポジションにもドイツ語は必要不可欠で、ドイツが本社の外資系企業であればドイツ語が使えれば便利ですよね。共通言語はもちろん英語ですが、ドイツ語を使えることによってドイツ語の書類・資料などにも対応出来るのでとても重宝されます。

このように、需要の多いドイツ語の能力は時給にも現れています。

ドイツ語と英語を使う翻訳業であれば時給2000円~+残業代有りなど薬剤師クラスの時給が多く、パートタイムでも月給で30万~40万円近く稼ぐことが出来ます。正社員になることも容易で、特に外資系企業の集まる東京では需要過多になっており企業間で取り合いになっています。
海外営業になると営業の能力も必要になってきますが、年収1000万クラスのトッププレイヤーへの道が開けます。それほどドイツ語の能力は就職市場において武器になるのです。

独検や翻訳の実績を作ろう!

とはいえ、ライバルがいない訳ではありません。条件の良い求人は必ず競争になります。
そこでライバルと差をつけるためにも、独検や翻訳の実績を作って面接の際にアピールしましょう。ドイツ語の翻訳の仕事はクラウドワークスなどを中心に数多く出ているので、そこで単発の仕事を受けて実績を積めば、独検とあわせて実務能力をアピールすることが出来ます。

また、TOEICも受けておくと強みになるでしょう。独検とTOEIC700点以上の合わせ技なら、鬼に金棒です。

外資系企業に強い転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
条件の良い求人の見つけ方ですが、転職エージェントを使うと効率よく求人を集めることが出来ます。

お金のある企業は基本的に採用コストを払ってでも良い人材を求めるので、転職エージェントに求人を投げていることが多いです。特に外資系は転職エージェントの利用率が高く、ドイツ語翻訳の正社員などの求人を非公開求人としてエージェントに託しています。

ドイツ語を武器に就職をするなら、ぜひ転職エージェントを利用して非公開求人を紹介してもらいましょう。転職エージェントは年収や企業の雰囲気、待遇など細かい内部情報を教えてくれるので、働きやすさをチェックするという意味でも仲介した方がお得です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする