介護職を人間関係が原因で辞めた人が転職して幸せになる方法

f:id:moguhausu2:20150622200656j:plain

介護職の離職率は高く、その原因は給料の低さや労働条件の悪さ、肉体的疲労度の高さなど様々な原因がありますが、実は最も離職の原因になっているのは人間関係です。
介護職は完全な売り手市場であり資格を持っていれば年齢や地域に関係なく引く手あまたの業界です。そのため、本来は奉仕の心が必要な介護職にいい加減な気持ちで就いている意識の低い介護士や、他に職がないからとあぶれてきた介護士など人材の質はかなりピンキリです。

そうなると、リーダーシップのない介護士が指揮をとっている施設では、必然的に人間関係が劣悪になっていきます。意識の低いグループが派閥を作り、より良い介護をしようと考えている意識が高い介護士の方が出てくると、意識の低いグループが反発して辞めさせるために嫌がらせをしたり、いじめをしたりする負のループが生まれます。

そうなると、その介護施設の雰囲気はずっと悪いままになり、まともな人が続かない悪循環に陥ります。

介護職を人間関係で辞めてしまった人の中には、そんなブラック施設に当たってしまった人が多いのではないでしょうか?

どの介護施設も人間関係はキツイ、もう介護職で働きたくない、と考えている人もいるかもしれません。しかし、それは間違いです。きちんと意識の高いリーダーが引っ張っている介護施設では、変な派閥や意識の低い人材はおらず、人間関係に悩むことなく、しっかりと介護の仕事を全うすることが出来ます。

今回は、人間関係で悩まないための介護職の転職のコツや施設選びについて紹介します。


労働条件の悪い施設は雰囲気も悪くなる

介護職は労働条件が厳しいところが多いですね。年間休日が実質100日以下だったり、サービス残業が多かったり、人がとにかく足りなかったり……介護施設の質はピンキリですから、労働条件が悪い所は本当に悪いです。ブラック企業もびっくりするくらい待遇が悪い施設もあります。

労働条件が悪いと介護施設の雰囲気は荒みます。
仕事が出来ない新人介護士にキツく当たったり、利用者の悪口を言ったり、陰口や派閥争いも激しくなります。介護士による利用者への暴行が時おりニュースになっていますが、劣悪な環境の介護施設ではそういった不祥事が起きても不思議ではありません。

経営者も経営者で、明らかに施設が人手不足なのに人件費をケチって少ない人数で回したり、監査の時だけ頭数を合わせてごまかしたり、そういったあり得ないごまかしが行われている施設も山ほどあります。

このように、労働条件は施設の雰囲気と密接に関係しているのです。

介護施設選びのコツとして、一番最初に労働条件をしっかり確認することが大切です。年間休日が120日以下のところは、人手不足だから少ない人数で回している可能性があります。求人情報の裏にある状況を予測することが大切です。

労働条件の良い施設は意識も高い

逆に労働条件がしっかりしている介護施設は、比較的、人材の質も比例して高い傾向にあります。残業代がしっかり出るのならば、働きがいもありますし、新人介護士を教育する余裕も出てくるものです。また休日がしっかり設定されていれば、現場の介護士もストレスや疲労をためこむことなく働けるので、気持ちに余裕が出てきます。

介護職や医療業務に関して「お金は重要じゃない」と言う人がいますが、それは間違いです。お金をしっかり貰っているからこそ、気持ちに余裕を持って仕事が出来るのです。仕事がキツくてお金もカツカツでは、どんなに優しい人でも鬼になってしまいます。

人間関係はリセット出来る

人間関係で介護職を辞めてしまった人の多くは「自分はどこにいってもダメなやつだ」と思い込んでいることが多いようです。
しかし、どこにいってもダメということはありません。大切なのは雰囲気の良い施設を選ぶことです。質の良いホワイトな施設なら、じっくり仕事に専念出来ますし、みんな優しく教えてくれます。

介護職を辞めてしまった人や、転職を考えている人はブラック施設に勤めているのではないでしょうか?
もし「介護職は続けたいけど自信がない」と考えているのならば、答えは簡単です。質の良い介護施設に転職すれば良いのです。

とはいえ、良い介護施設を選ぶのは難しいです。嘘の求人情報を出していたり、内部の人間関係や雰囲気については求人情報だけでは読み取れないからです。

そこで、介護職専門の転職エージェントを利用しましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

ぜひ転職エージェントを活用して、働きやすい介護施設で仕事をしましょう。
介護職は国家資格持ちで売り手市場という、せっかく転職しやすい属性を持っているのですから、ぜひその強みをいかして主体的に職場を選んでいきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする