就職活動を面倒臭いとサボってしまう人向け!先延ばしを防ぐ行動術

f:id:moguhausu2:20150620121507j:plain

就職活動はまず働きたい業界を決めて、応募する会社をピックアップし、履歴書を書いたり志望動機や自己PRを応募する会社ごとに考えたり面接やグループディスカッションのの練習をしたり……とにかくやる事が多くて面倒臭いですよね。
おまけに最低でも五社、十社は受けなさい、と言われる始末。一社受けるだけでも大仕事なのに、十社も応募して面接してなんてやってられない! 現役就活生の皆さんは常々感じていることだと思います。

日本の新卒の就職活動というのは、スキルも実績も無い真っ白な状態で選考に挑みます。そのため、どんなに優秀な学生でも内定率にムラが出ますし、面接一回で「じゃあ明日から早速頼むよ!」とフランクに決まるものでもありません。

自分がいかに熱心な人間で、業界の勉強をし、やる気に溢れていて将来会社の幹部になる人間であるかということをエントリーシートや面接でアピールしなければいけません。それでもライバルに自分より優秀な人がいれば落ちてしまいますし、受かった企業が優良企業とも限りませんから、自分が納得いくまで就職活動をする必要があります。

そうなってくると……

「エントリーシート書かなきゃいけないけど明日やろう」
「明日の説明会、志望度が低い企業だしやっぱりキャンセルしよう」
「受ける会社選ぶの面倒臭い」

大学生の怠惰な生活に慣れていると、就職活動はとても面倒臭いと感じてしまいますね。

しかし、就職活動は一生を決める大事な活動ですから、先延ばし癖はなるべく治しておきたいものです。そこで、今回は面倒臭いと感じた時に出来る「すぐやる気になる行動術」を教えます。


就職活動をする理由を明確にする

人間が行動をするには理由が必要です。
それが曖昧だったり、弱い理由だったりするとなかなかやる気が出ないものです。そこで、まず就職活動をする理由をしっかり明確にしておきましょう。

そもそも就職活動をする理由は?
自分はどんなところで働きたいのか?
働くことでどんな生活を手に入れたいのか?

などなど、自分の目標を把握することで、自然とやるべきことが浮かんでくるのでやる気が出ます。自己分析にも使えるので、ぜひ就職活動を始める時にやっておくことをオススメします。

「そうはいっても、理由がなかなか思いつかない」

という人は危機感、快感、期待感の3つのキーワードを軸に考えてみましょう。

「危機感」は就職活動をしないと無職になってしまいますよね。そうなった時のデメリットを考えましょう。既卒になると就職活動がさらに難しくなる、世間体が悪い、親に申し訳ないなど、デメリットを思い浮かべることで怠惰な気分を追い出すのです。

「快感」は喜びのことです。例えば、就職活動で一次面接に受かったら嬉しい。頑張って書いたエントリーシートが書類選考に通ったら嬉しい、という風に就職活動における喜びを思い浮かべてみましょう。そうすれば、面倒なエントリーシートの作成も手が進むはずです。

「期待感」は将来にわたるメリットです。大企業から内定が貰えたら、5年後には年収が400万を越える、家賃補助があるから300万以上貯金出来る、世界で通じるキャリアが得られる、などなど就職活動が成功した後のメリットを考えましょう。

ベイビーステップで就活を進める

ベイビーステップとは、赤ちゃんのように小さな一歩で物事を進めていくという方法です。大量の料理を一気にもってこられて全て食べなさい、といわれても食欲がわきませんよね。しかし、コース料理のように少量を少しずつ持って来られたら、少しずつ食べていけます。
このように、やるべき物事を細分化して、小さな進歩を積み重ねていくことで先延ばしやサボりを防ぐのです。

エントリーシートの作成であれば、志望動機を一行だけ書く。名前欄や学校名など考えなくても書ける場所を埋めておく、説明会の会場への地図を印刷するなど、一日に一気にやるのではなく、やる気がでなくても小さな一歩だけをやる、と決めておけば次第にやる気が出てきます。

一番よくないのは「明日一気にやろう」と先延ばしにして何もやらないことです。夏休みの宿題と一緒で、やるべき事案がたまればたまるほど、やる気は失われていくのです。ベイビーステップで少しずつやるべきことをこなしていきましょう。

1社2社に絞る

就職活動の初期はどうしてもあっちこっちの説明会や選考に参加してしまうものです。行きたい業界や業種も決まっていないことが多いですから、必然的に4社5社並行して就職活動をすることになり、次第に疲れてしまいます。

あえて1社2社にしぼり、集中してこなすのも一つの手です。一見するとリスクが大きいように思えますが、やみくもに就職活動をして混乱したまま得た内定よりも、じっくり向き合って吟味した会社からもらった内定のほうが、就職した後も長く続けられます。

就職活動は不安がつきもの。しかし、活動していくうちに考えることすら面倒になってきてしまいます。そういう時は、まず目的や理由を明確にしてベイビーステップで少しずつ進めていくのが良いでしょう。

就職活動は広く浅くやるよりも、狭く深くやったほうが面倒も少なくて済みます。ぜひ、一度じっくりと自分の本当に働きたい業界や自己分析を再度行って、将来の展望を明確にしてみましょう。きっとやる気の源が見つかるはずですよ。

就活が不安なら就職エージェントを活用しよう!

誰にも相談せず、一人で就職活動をするのは非常に辛いです。
誰かの支えが無いと、人の心は折れやすいもの。特に負担の大きい就職活動では「もう辞めたい」と思ってしまいがち。

 そこで、新卒専用の就職エージェントを利用することで、就活のモチベーションを維持するという方法をオススメします。

エージェントというと、高いキャリアを持つ人だけが利用するヘッドハンティングのイメージがありますが、現在、新卒もサポートしてくれる就職エージェントが登場しており話題になっています。

新卒でも登録出来る就職エージェントは「キミスカ」というエージェントサービスです。

キミスカ



キミスカは新卒の学生専門の就職サポート・インターン紹介機関で、就職をきっちりサポートしてくれる就職エージェントです。エントリーシートの書き方や面接でのアドバイス、キャリアの相談や、あなたの希望条件にあった求人の紹介など就職活動に必要な作業を全てサポートしてくれます。

エージェントは就職活動のプロですから、安心して相談出来ますし、エージェントが紹介する求人は、事前にエージェントの審査をうけた企業なので人材使い捨てのブラック企業の求人ではありません。なので安心して求人の紹介を受けることが出来ます。

また、エージェントを仲介すると残業時間や年収、会社の雰囲気など本来なら入社しないと分からない内部情報も教えてくれるので、ミスマッチを防ぐためにも役立ちます。

独自のインターンシップの情報もあり、そのまま内定に直結するケースも多く、新卒で利用するならキミスカが一番オススメです。

新卒でエージェントを利用する、というのはあまり聞かない就活方法だと思いますが、就活方法のプロにマンツーマンでサポートしてもらえるので、ぜひ活用することをオススメします。相談できる人、頼れるプロがそばにいると、精神的にグッと楽になりますよ。

キミスカ 公式サイトを見てみる




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする