女性に人気の医療事務の労働環境はブラック企業並!医療事務のお仕事体験談

f:id:moguhausu2:20150611205353j:plain

昨今、女性に人気の職業、医療事務。
いわく、

「病院は全国どこにであるから夫が転勤しても大丈夫!」
「資格のいる専門職だからカッコイイ!」
「デスクワークの知的な職業です!」

心惹かれる言葉ばかりですね。
特にまだまだ好景気とは言えない今、手に職をつけたい、でも今さら専門学校に通って資格をとったりするのはちょっと…という女性には通信教育でも資格が取れる医療事務はキラキラと輝いて見える仕事だと思います。

しかし、その実態はあくまで建前。
とんでもなくブラックな労働環境も存在します。

今回は元医療事務経験者の私が、医療事務のブラックな部分を紹介します。


最後の患者の会計が終了するまで帰れない

基本的に、医療の値段という物はすべて厚生省が点数化しています。ちなみに耳垢取りは10点、つまり1,000円です。
(実際はこの点数に患者が所属している保険の負担割合をさらに当てはめて金額換算します。
※当時の点数です)

このように、医師が患者に処置をし、それをカルテに記録し、そのカルテが手元に来た時点でようやく医療事務の仕事は始まります。カルテに記載された処置名や病名から点数を割り出し、実際の金額に換算するのです。

つまり。
レントゲン撮影や胃カメラなど、終了まで時間のかかる処置の場合、それらがすべて終了するまで会計点数計算ができないのです。

たとえその直前まで病院がガラガラで「今日は定時に帰れるぞー」と思っていても、閉院ぎりぎりに患者が飛び込んで来たら、運が悪いと二時間くらい待ちます。
ではその二時間に何をするのか?

何もできません。

ひとしきりその日の仕事が終わってしまったら、書類の整理や清掃をして何時間後にくるかわからない最後の患者のカルテをひたすら待ちます。
これはつらいです。どんな山でも標高がわかるから登る気力も湧くのです。まるでスプーンで川の水を汲むような苦行は非常に人を疲弊させます。

残業代が出ないサービス残業ばかり

病院というのは個人経営が多いです。
ですから医師は自分が働けば働くだけその儲けが自分に還元されます。

そのうえ、最近の個人病院は、客引きのために正直無駄だとしか思えないようなすさまじい最新機器が配備されている場合が多いので、開院の際に医師が背負う借金も莫大なものになります。田んぼのまんなかの小さな病院にヘリカルCTが配備されている国は日本くらいのものでしょう。

仕方なく、開業した医師は馬車馬のように働きます。

医師も人間です。
早く借金を返したい…楽をしたい…儲けたい…もちろん、みなさん真面目な方が多いですが、どんな真面目で理想に燃える医師でも、借金があればさっさと返したいのは人間の性だと思います。

すると彼らの目は医療事務に向けられます。

「閉院後でも俺たちは働いてるのにおまえたちは働いてないじゃないか」と。
実際には医師からのカルテが来ないので何もできないだけなのですが。
ここで嫌な三段論法が生まれます。

「働いていない」→「給料を払いたくない」→「残業代なんか払わなくていいよね」

冗談のようでしょうが本当です。
すべての医療事務がそうとは言いたくありませんが、多くの医療事務にはあまり残業代が出ないのが現状です。

聞いた中で最もひどい例は「深夜0時過ぎまで働いても残業代が出ない」でした。
もうこうなると、コンビニで深夜バイトをした方が時給換算的にはマシだと思います。

実は医療事務に資格は必要ない

TVや雑誌の広告で盛んに宣伝されている「医療事務」という資格。
これは実は国家資格ではありません。ですから医療事務という仕事に就く際に特に資格など必要はないのです。
未経験の資格取得者と未資格の経験者ならば、まず間違いなく経験者が採用されます。

なぜなら、医療事務は医院の受付も兼ねているため、いくら法令や保険点数計算に精通していても経験者にはかなわない部分が大きいからです。
たとえば、日本語がわからないふりをして料金を払おうとしない外国人が来院したら…頭にヤの字のつく方に因縁をつけられたら…ふざけて子供に顔面に蹴りを入れられたら…そんなときの対処法は資格取得用のテキストには載っていません。先人からの無言のノウハウがあるだけです。

そう。医療事務はこのように下はゼロ歳から上は際限のない年齢のクレームを受けなければいけないのです。
その上、資格不要の職業なので、ちまたで思われているような高収入でもありません。
新卒OL程度の給与で昇給なし、ボーナスはあれば運がいい、程度です。

ただ、「医療事務」という言葉のかっこよさにひかれて志望する人間が後を絶たないため、非常な買い手市場という理不尽な職業でもあります。

それらすべてを笑って流す自信があり、「それでも医療事務になりたいの!」というあなた!
あなたには、もう、「頑張ってください」という言葉しかありません。

働きやすい職種・会社を見つけるためにやるべきこと

こういったブラックな要素を含まない、働きやすい職種・会社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?
私がオススメするのは、自分一人で求人を吟味したり「自分にできる仕事・向いている仕事はこれだ!」と思い込まず、プロの手をかりて効率良く就職・転職活動を行うことです。

実は、無料でプロフェッショナルが就職・転職をサポートしてくれるサービスが、就職市場には存在しています。
それは転職エージェントです。

転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする