東京都江東区の格安デートスポットなら夢の島熱帯植物館がおすすめ!見所や感想、入場料など紹介します

f:id:moguhausu2:20150606122002j:plain

東京都内でデートをしようとすると、どうしてもお金がかかってしまいデート貧乏になりがち。
特に学生や20代のサラリーマンはお金が無くて、デートスポット探しに四苦八苦しているのではないでしょうか?

そこでオススメなのがJR京葉線・東京メトロ有楽町線・東京臨海高速鉄道りんかい線でアクセス出来る新木場駅の夢の島熱帯植物館です。

なんと、この植物館は東京都が運営しているので入場料がたったの250円。
後ほど紹介する画像を見てもらえれば分かると思いますが、値段相応のショボイ施設という訳ではなく立派な植物園です。
熱帯雨林のフルーツ、マンゴー味、ココナッツ味のアイスが食べられるカフェまで併設しており、デートスポットとして満足出来るクオリティをもっています。

それでは、画像付きで、どんな施設なのか紹介していきます。


見所は大型のハウスに植えられている熱帯植物

f:id:moguhausu2:20150606122604j:plain

見所は何といっても巨大ハウスに植えられた熱帯植物の迫力です。
天井の高いハウスに、これでもかと大きい植物から見たこともない不思議な植物まで、植えられている植物はバリエーション豊かです。

ハウスの中は池もあり、本格的に熱帯雨林が再現されています。
植物の一つ一つに名前と解説が書かれたボードがあり、植物の豆知識を得られるため退屈しません。

都営の植物園というと、10分くらい歩いたら見るものが無くなる~なんて事がよくありますが、夢の島熱帯植物館は大型ハウスの他に熱帯雨林に住む生き物(トカゲなど)の展示や光るキノコを見る暗闇ボックス、熱帯のフルーツ一覧など、かなり内容が充実しているので全て見て回るのに1時間くらいかかります。

f:id:moguhausu2:20150606124431j:plain

熱帯の植物の中には花も含まれています。

f:id:moguhausu2:20150606124526j:plain

ハウスの天井はとんでもない高さ。
見上げるだけで、別世界に来たような気分になれます。

f:id:moguhausu2:20150606124648j:plain

それに負けじと上を目指す熱帯植物。
果実がなっている植物もあり、ジャングルに迷い込んだような光景は歩いているだけでワクワクします。

f:id:moguhausu2:20150606124812j:plain

滝だー!

おどろくべきことに池に滝まで組み込まれています。
都営の本気、恐るべし!

f:id:moguhausu2:20150606124937j:plain

熱帯フルーツの展示。
注意書きに「食べないでください」の文字が。

食べる人がいるのか!
まあ、いい匂いだし子供が食べちゃうのかも。

入場料250円とは思えないクオリティと都内ではあり得ない人の少なさ

写真を見ての通り、都営といえどクオリティが高く侮れません。
正直、行く前は全然期待していなかったのですが、いってみると250円でここまで楽しめるのか、と驚きました。

植物を見終えたら、併設されているカフェでマンゴー味のアイスを食べました。

写真に撮り忘れていたのですが、このアイス、アメリカンサイズでかなり大きいです。
少食だったりお腹が弱い人の場合は二人で一個ぐらいが丁度いいです。
もしくは少し先にいったところにある100円のクレープアイスは日本人向けサイズなので、そっちを食べるといいかも。

そこそこ楽しめるという所もポイントが高いのですが、何より人が少ないのがいいですね。
空中散歩出来るイベントが開催されている時は、家族連れなどで賑わいますが、平常時は図書館並の人口しかいません。
カフェも空席が目立ち、都営じゃなかったら採算とれてなくて閉園間違いなし、というくらい人気が無いです。

恐らく、新木場駅という工業地帯(ゴミ処理場以外何もない)にあることと、植物園以外は陸上競技場というスポーツ関連の施設しかないことが原因だと思います。

あと駅から15分くらい歩きます。
そして、植物園への道を示す看板があるのですが、そこで道を間違えて一本早く右の道に入ってしまうと植物園に行けないルートをひたすら歩かされて、通り抜けできない絶望に出会ってしまいます。私はこれをやらかしてしまいました。。。

意外と間違えやすいトラップなので、行く際は道を間違えないようにしましょう。
道路沿いの細い道を行くのは間違いです。そこは明治通りではない上に通りぬけ出来ないコースなので、ゴミ処理場についてしまいますよー。ご注意を。

見終わったら豊洲でショッピング

有楽町線が通っているので、最近、再開発で騒がれている豊洲にもすぐに行けます。
豊洲には巨大ららぽーとがあるので、植物園の後はそこでショッピング+ディナーというコースが一番無難でしょう。
月島にいってもんじゃ焼きを食べるというコースもあります。しかし、楽しいのは間違いなく豊洲のららぽーとでしょう。店の数がハンパないです。

これでスーパー銭湯でもあれば文句ないのですが、残念ながら東京の地価ではスーパー銭湯の運営が厳しいようで、千葉のほうに行かないと銭湯はありません。
大江戸温泉は高いので気軽に行けないですし。

そこまで望むのはちょっとやりすぎなので、とりあえず新木場→豊洲ルートがデートコースとしてはオススメです。

夏は日傘や帽子を忘れずに!

新木場駅から夢の島熱帯植物館までの道のりは、あまり日陰がないです。
なので夏は日傘や帽子をしっかりしていきましょう。女性はUVケアも忘れずに。

また水分補給用にジュースを買っておくと楽です。
途中、自販機がありますが陸上競技場のイベントがやっている時は売り切れていることがあるので。

開演時間や休館日は下記のとおりです。

<開館時間について>
9時30分から17時まで(最終入館は16時まで)開館しています。

<休館日について>
毎週月曜日(都民の日や祝日に当たる場合はその翌日)と
年末年始(12月29日~1月3日)が休館日です。

都内住みの方、千葉住みの方はぜひデートスポットとして夢の島熱帯植物館を利用してみてください。
安くてそこそこ満足出来るので、オススメです。

関連記事

www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする