面接結果を一週間後にお知らせしますは不採用のサイン?採用通知が来るタイミングとは

http://blog-imgs-74.fc2.com/y/o/m/yomosoku/fusaiyou1.png

就職でも転職でも、面接後に「面接結果は一週間後にご連絡します」といった場合は不採用の確立が高いという噂があります。これは事実なのでしょうか?

結論から言うと、最終面接の場合は不採用の可能性は高いです。

というのも、基本的に採用をしたい人材が面接に来た場合、内定を遅らせると他社にとられてしまう可能性が出てきます。そのため、欲しい人材が面接に来たら、一週間と言わず2,3日以内に採用の連絡をします。

しかし、一週間後に面接結果をお知らせします、というのは不採用の線が強いという表れでもあります。

問題は、一人採用のところに同じレベルの応募者が二人来てしまった場合です。
面接官の立場にたって、詳しく見ていきましょう。


応募者が二人以上の場合は不採用通知が遅い

求人の枠が一人のところに二人来た場合、そして、どちらも同じレベルで採用の決め手にかける場合は不採用通知が遅くなります。
というのも、採用通知を出しても初日の出社日に来ない方がいたり、直前で他社に決まったといって内定辞退する方もいます。その時のために、補欠としてもう一人の応募者をキープしておき、最初に採用通知を出した応募者が無事、入社した時点で不採用通知を出すといった戦略をとる企業が多いです。

応募者の側としては、とても理不尽な理由ですが、企業が最も恐れているのは不採用通知を出した後に、採用者が内定辞退するといったケースです。
本命の採用者が内定辞退したから、不採用通知を取り消してあなたを繰り上げ合格にします! というわけにはいきません。企業は一度決定したことを覆すのは失礼だと思っていますから、応募者が「補欠でも入れてください!」と内定辞退が発覚したタイミングで滑りこんでこない限りは不採用は変わりません。

こういった事情があるので、最終面接で一週間後に連絡します、と言われた場合は、一安心せずに就職活動、転職活動を続けましょう。
もしくは、面接のお礼状などを送り、ライバルに少しの差をつけて内定を勝ち取るという戦略も有効です。キャリアや年齢が同等の場合、決定打はちょっとした気遣いになります。
意外と採用の決め手が「お礼状」ということも多いです。

内定辞退はお早めに

こういった事情があるので、内定が二つ以上出て、内定辞退をする場合は早めに企業の担当者に連絡しておきましょう。内定辞退の連絡が遅れれば遅れるほど、企業のダメージは大きくなりますし、トラブルに発展してしまいます。

内定辞退は応募者の正当な権利ですが、変なしがらみを残さないためにも、内定辞退はスムーズにこなしましょう。

逆に一週間後に結果を連絡しますといって1週間たっても採用通知が来ない場合、実は採用の可能性が高くなります。というのも、不採用通知を送らないということは、本命の応募者が何らかのトラブルで入社出来ない、入社を渋っている可能性があり、補欠合格できるチャンスが出てきます。

不採用通知を出すのを忘れているという残念な企業もありますが、面接の結果が来るタイミングは企業によりけりです。なかなか結果が出ない時は、問い合わせてみるのもひとつの手です。意外と滑り込めるチャンスが転がっているかもしれませんよ。

もし面接でお祈りが続くなら転職エージェントを利用してみよう

せっかく二次面接、最終面接まで進んでも、内定を得られなければ何の意味もありません。
しかし、就職活動や転職活動は評価水準があいまいで、なぜ自分が落とされたのか分かりにくいもの。

もしかしたら英語力が必須なのかもしれませんし、学歴が足りないのかもしれない。もしくは面接において言った希望年収が高すぎたのかもしれない……。

どんなに考えても、正しい答え、フィードバックは返ってきません。

 もし不採用が続き、その原因もさっぱり分からないなら、転職エージェントを利用してみることをオススメします。

転職エージェントは求職者と企業をマッチングさせる仲介業ですから、当然、不採用の場合も「なぜ落とされたのか」という理由をしっかり教えてくれます。

落とされた理由がわかれば、次回の課題や、応募するべき求人が見えてくるので「もうどうすればいいのか分からない!」という袋小路に詰まることが少なくなります。

また転職エージェントは転職のプロですから、あなたの職歴や希望条件をヒアリングして、内定の出やすいであろう求人をピックアップしてくれます。
履歴書の書き方や面接のノウハウも教えてくれるので、転職エージェントを上手に活用するとグッと転職活動が楽になります。

※ 新卒者の場合は就職エージェントを利用しましょう。下記の特集記事を参考にして下さい。
・新卒の就活サイトに良い求人が無い時は就職エージェントを訪ねてみよう!質の良い求人はエージェントにあり

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

最終面接でお祈りされると心が折れますが、大切なのは「なぜ落ちたのか」ということを分析することです。
ぜひエージェントを活用して、内定率を高めていきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする