フリーターが正社員になるには26歳がラストチャンス!手遅れになる前に職歴をつけるこの勧め

フリーターが許されるのは何歳までなのか? というのは永遠のテーマです。世間では30歳まで、と言われていますが、実際は26歳を境に内定率が大きく低下するようです。

というのも、26歳を超えると資格があっても未経験者として雇うのは難しくなります。建設業や飲食業など人手不足の業界であれば26歳でも入れますが、選択肢が少なくなるのは26歳を超えた後です。

なるべく選択肢が多いうちに正社員に就職しておきたいものです。
そこで、26歳のうちにフリーターを卒業して正社員になるコツを教えます。


履歴書・職務経歴書を丁寧に書く

最も基本的なことですが、履歴書と職務経歴書を丁寧に書かなければ、書類選考を通過することは出来ません。多くのフリーターの方が誤解しているのは、書類を丁寧に書かずに落選して「やっぱりフリーターじゃダメだったんだ」と勘違いしてしまうことです。

例えば、職務経歴書には細かく自分のやってきた仕事を書かなければいけないのですが、バイト経験をただダラダラと書くのではなく、どういう点に気をつけて業務を行い、改善してきたか、など仕事を通じて学んだ事などを書かなければ「面接に呼んでみよう」という気になりません。

また、手書きで履歴書を作る場合は丁寧に書かなければ、マイナスの印象を与えてしまいます。

競争率の高い求人は潔く諦める

資格がいらない、かつ条件のいい求人には大勢の求職者が集まります。特に経理や事務などの職務は応募者が殺到するので、未経験者のフリーターでは採用される可能性が低くなります。

そこで、人気すぎる求人は潔く諦めて、フリーターでも入れる求人を探しましょう。

中小企業の中には良い企業にも関わらず、人手が足りない会社が多くあります。求人を出そうにも、広告費が多く出せず、タウンワークなどメジャーな求人情報誌に出せないものがあります。

そういった求人をどのように見つけるのか?
いくつか方法がありますが、一番良いのはフリーター専用の転職エージェントを利用することです。

フリーターや第二新卒の求人がある転職エージェントを使う

近年、大手の転職エージェントではフリーターを積極採用する求人が多く点在しています。
書類の書き方や面接方法など、プロのコンサルタントが無料で指導してくれるので一人で就職活動をするよりも効率よく正社員になることが出来ます。

ハローワークで穴場の求人を探す方法もありますが、それだけでは求人が限られているので、転職エージェントをうまく活用して就職活動をしましょう。

転職エージェントを使えばバイトをしながらでも転職活動が出来ますし、自分の行きたい業界の相談もしてくれます。

「正社員になりたいけど、どんな業種がいいのかわからない…」

という人にも、適性を判断しておすすめの求人を教えてくれたり、転職活動をリードしてくれます。

転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

未経験OKの正社員求人はもちろん、正社員登用前提の契約社員など、様々な求人を紹介してくれるので、自分にあった就職ルートを選ぶことが出来ます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。フリーターの方はアルバイト先の情報を登録します。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。
前職がアルバイトの人or現在フリーターの人は、雇用形態を『その他(FCオーナー、アルバイト含む)』にしましょう。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業に多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

フリーターの年収は正社員とくらべて低く、なかなか上がりませんし、保障も貧弱です。
ぜひ26歳までにフリーターを卒業して正社員に転職しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする