40代職歴無しが就職する方法。中年引きこもりからの脱出方法を考えることが第一歩

40代職歴無し、根っからのニートという人は日本に存在するのだろうか?
常識的に考えれば、仕事をしないと生きていけないため、40代職歴無しというのは、ちょっと非現実的である。30代職歴無しが多い理由は、まだまだ収入元である親が現役、もしくは存命中だからだ。

しかし、子供が40代になると、親が死亡したり要介護になったり、億単位の資産を残していない限り働かずに生きていくのは不可能だ。おまけに40代職歴無しでは面接なしのブラックバイトくらいしか受からないだろう。

それほどのハンディを持った人材は、どう生きていけばいいのか?
就職出来るのか? 考えてみた。


40代職歴無しでも入れる業界はあるが…

例えば、タクシー運転手や警備員であれば、40代50代の新入社員も珍しくないので、40代職歴無しでも入れるだろう。問題は職歴無しの部分だが、ここは家業を手伝っていた、自営業をやっていたが失敗した、など色々と話を作っておけばいい。

そんな嘘がいけしゃあしゃあと言える人材なら、そもそも40代まで職歴無しで生きるほど世の中に対して捻くれてなさそうではある。高齢ニートは意外と真面目な性格の人が多く、真面目に引きこもってしまうため、なかなか嘘をついたり機転を利かせることが出来ない。

40代職歴無しは、明らかに変な目で見られるだろう。資産家の息子なら妬ましいし、ただのすねかじりなら軽蔑されそうだ。

しかし、タクシー業界や警備員業界には色々な人がいるため、ギャンブル中毒の人や借金王、元ヤクザ、前科持ちなど訳ありの人材がたくさんいる。なので、意外と気に病むことは無い。

タクシー業界や警備員業界の細かい情報は過去記事を参照してほしい。
hazimetetensyoku.hatenablog.com
hazimetetensyoku.hatenablog.com

どちらも年収的に厳しい世界だが、資格やコツをつかめば平均年収に到達出来る業界だ。

問題は、その一歩を踏み出せるかということだ。
人間は年を取ると、環境の変化を嫌うようになる。40代職歴無しまでいくと、もはや働くという概念すら抜け落ちているだろう。

なので、まずは精神を健やかにする必要があると私は思う。

運動をはじめたり犬をかおう

一番いいのは運動だ。ヨガでもボクシングでも水泳でも何でもいい。とりあえず定期的に身体を動かすのと、変化に対して億劫な性格が治る。
また、運動をする際に、少しでも人と関わりが出来ると、コミュニケーションの勉強にもなる。仕事のことを聞かれると辛いが、適当に流して運動に集中しよう。

犬を飼うのもいい。
生き物を飼うと、世話をしなければいけないので、変化は必須になる。特に犬の散歩は運動にもなるし、飼い主友達が出来ることが多い。

誰かを世話することで生きがいも出てくるし、引きこもり治療にはぴったりである。

40代職歴無しは十分復帰出来る

職歴無しの問題は職歴のハンディキャップではなく精神面でのハンディが大きい。しかし、精神面を健やかにすれば、40代職歴無しでも社会復帰は出来る。

ネットではよく30代~40代で職歴がないと死ぬしか無い、という話題になるが、調べてみると訳ありでも働ける業界はいくらでもある。

だからこそ、問題は精神面だけなのだ。
まずは運動か犬、環境を変えることが大切だ。

関連リンク

携帯代を安くする方法を管理人が実践!
www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする