女子大生、新社会人が一人暮らしを始める時に気をつけるべき超基本知識まとめ。当たり前すぎて教えてくれない一人暮らし初心者に役立つスタートマニュアル

http://www.interior-heart.com/seven-color/sit-alone/images/idea15image1.jpg

地方から都内の大学に入学したり、会社に就職したりするにあたって、避けて通れないのが一人暮らしです。

「よし、一人暮らしをするぞ!」

と意気込むのは良いのですが、物件探しやアパートの賃貸契約、家電の購入など、やるべきことがたくさんあって「結局、私は何をすればいいの?」と混乱する人も多いと思います。

一人暮らしするにあたって、防犯の意識・考えはありますか?
ゴミの出し方、ルールをご存知ですか?
一人暮らしをはじめた後に「しまった!」と後悔しないためにも

今回は初めて一人暮らしをする女子大生、社会人が見落としがちな、誰も教えてくれない一人暮らしと生活の超基本知識を紹介したいと思います。


駅チカ物件を探そう!

電車通勤・電車通学をするなら駅まで徒歩5分圏内がオススメです。
駅が近いと、日々のスーパーの買い物も楽ですし、通勤・通学の負担が少なくてとても楽です。さらに、駅チカだと安全性も高いです。夜遅くに駅から家が遠いと、暗い道を歩かなければいけません。また、駅から離れた住宅街だと、人通りが少なく空き巣の危険性も高いです。

家賃は高いですが、駅チカ物件は利便性、安全性が高いので要チェックしておきましょう! 特に都内の場合は駅を使う機会が多いですし、終電時間でもすぐ家につくので安心です。

また、最寄り駅から大学生なら大学までの、社会人なら会社までの路線をチェックしておくことも大切です。通勤ラッシュが酷い路線だと日常のストレスが3倍はアップします。

家電やカーテンは部屋についてない!

一人暮らしをはじめる時、部屋に冷蔵庫や電子レンジ、カーテンなどがすでに置いてあると勘違いしていませんか?
基本的に賃貸物件についているのは廊下やトイレの照明とエアコンだけです。
そのため、家電セットとカーテン、その他、机や暖房具、カーペット、収納ラックなどをまとめて買う必要があります。

しかし、家具一式をお店で選ぶのは時間がかかりますし、予算が見えにくいもの。
そこで、ネットでまとめて購入して新居に送ってしまうのが一番です。オススメは送料無料になる生活雑貨です。収納ボックスから布団まで、一人暮らしに必要なものが一式で揃う便利なショッピングサイトです。
一人暮らし用の家具を買うなら生活雑貨!



電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、掃除機なの家電は一式で買うと安いです。
ビックカメラの新生活セットなら10万円以下で5点セットが一気に買えて設置もしてくれるので、一人暮らしのスタート時にはピッタリです。

また、一人暮らしでは自炊がつきもの。
鍋やフライパンは少し高くても良い物を買ったほうが、長く使えて便利です。

オススメはティファールのフライパン・鍋セットです。

ティファールは取っ手がとれて汚れ・焦げがまったくつかないので、一回買えば5年以上使えます。このクオリティで1万円のものはティファール以外ありませんので、鍋フライパンはティファールが一番おすすめです。

ゴミ捨てルールは地域で異なる

ゴミ捨ては大阪のおおざっぱな分類から、横浜の細かい分別(燃えるゴミ、燃えないゴミ、ペットボトル、ダンボール)まで様々です。また、ゴミ捨て場所のルールもあります。
アパートやマンションに鍵付きゴミ捨てBOXがあると、24時間出せて楽ですが、そういった設備があるアパートはなかなか家賃が高いもの。普通にゴミ捨てするにも、朝起きるのが面倒くさいからといって深夜に捨てていると怒られることもあります。

ゴミを出す曜日や場所、ルールをしっかり調べておきましょう。
ゴミ捨て場の近くに曜日の張り紙と市役所の電話番号があるので、わからなければ市役所に電話をしてゴミ捨てのルールを聞いてみましょう。インターネットにも、ゴミ捨てのルールはのっているので参考にしましょう。

生ごみなどを前日の深夜に出すと猫やカラスにめちゃくちゃにされてしまいます。
また、粗大ごみを許可無く出しても、回収してくれません。しっかりルールを把握してトラブルを避けましょう。

木造は壁が薄く騒音が酷いことも

木造アパートは安いぶん、壁が薄く騒音問題が起きやすいです。出来ることなら、RCか鉄筋の賃貸物件を探しましょう。また築年数が30年以上の物件は、リフォームしていても水回りに問題があったり壁薄の可能性、耐震化をしていないなど色々不備があることがあるので、選ぶ時は注意しましょう。

もちろん、鉄筋やRCでも深夜に騒げば近隣住民の迷惑になります。
騒音問題がひどいと警察に通報されて、注意をうけるので騒ぐのは居酒屋だけにしましょう。

いい部屋というのは、競争率が激しいです。
まだ部屋を見つけてない人、時間に余裕がある人は過去記事を参照して部屋探しをしてみてください。hazimetetensyoku.hatenablog.com

インターネット開通には1週間必要

インターネットはすぐに使えるわけではなく、簡単な開通工事が必要なので申し込みから1週間ほど経たないと使えません。部屋を押さえているならば、入居前に工事を申し込み、入居時にインターネットが使えなくて困る! とならないように、しっかり申し込みをしておきましょう。

インターネット開通の申込時は、なるべくキャッシュバックや商品バックキャンペーンをやっているところから申し込みましょう。
 オススメは下記の『キャッシュバック』特典付きのプロバイダです。


ぜひキャンペーンを利用して安くインターネットを開通しましょう。

引越しは相見積もりをとろう

引越しの値段は季節や業者によってピンきりです。引越しは色んな会社に見積もりをとって、なるべく価格を交渉して安くしてもらいましょう。

 実家からの引越しなら、ヤマトの単身パックがオススメです。
どんなサービスなのか、具体的なサービス内容は実際に筆者が経験した『経験談』をご覧ください。hazimetetensyoku.hatenablog.com

引越しは、一人暮らしを始めるときに一番お金がかかる部分です。
しっかり業者を見極めて、コスパ最強の引越しを目指しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする