20代のための医療保険の選び方。毎月の保険料はいくらが妥当?

http://www.kenporen.com/m_knowledge/images/flow.jpg

もし病気や怪我で入院した時に、高額請求されてしまうのか?
若い内から医療保険に入っておいたほうが良いのか?

社会人になると、保険について考える時期が必ずやってきます。
結婚して家族を持った時や、貯金が少なく怪我や事故のリスクを感じた時などです。

昔は保険というと30歳前後で考える人が多かったのですが、現在では20代の方でも保険に興味を持っている人が多いです。

しかし、医療保険はどう選べばいいのでしょうか?

保険は人生で二番目に高い買い物です。
営業マンの進められるままに加入して、毎月の保険料が高すぎる!なんて事にならないためにも、20代の人向けに医療保険の選び方を紹介します。


公的保険について知ろう

まず第一に、あなたは公的保険に加入しているかどうかを考えて下さい。

自営業・フリーター・無職の人をのぞいて、会社員や公務員であれば、公的保険に加入しています。

特に大きいのが傷害手当で、怪我や病気で仕事ができなくても収入が保証されます。
基本的な傷害手当金の計算式は下記の通りです。

(欠勤日数-3日)×日給の2/3

しかし、フリーターの方や自営業の方はこういった保障はありません。休んだ分だけ収入が減ってしまいます。

医療保険に加入する人は、入院中の無収入を防ぐために医療保険を検討することが多いです。

医療保険は1日いくらの保障で考えるべきか?

さて、保険を考えるには入院中に1日いくらおりれば安心か? ということです。
それぞれのローンや家賃、支出バランスによりますが、フリーターやパートの方であれば5000円、自営業の方であれば1万円以上あれば入院中に収支が破綻することはないと思います。

保険というのは、入院しても生活が破綻しないための保障となるものです。
変に高額にしたりするのではなく、生活が破綻しないバランスを考えて保険を選ぶことが大切です。

医療保険の種類について

・終身医療保険

その名の通り、一生涯保障してくれるタイプの保険です。
支払い額はずっと一定額です。

・定期医療保険

一定の期間のみ保障します。
例えば子供が自立するまでの期間のみ保険をかけるなど、いざ大黒柱である自分が倒れた時に家族の生活を守ることが出来ます。
更新のたびに保険料は値上がりしますが、高齢まで期間を伸ばすことが可能です。

・特約医療保険

死亡保障の生命保険に医療保険がついている複合タイプです。
安価でお得パックにみえる保険ですが、主契約が失われると他の特約も失われるため、保険の見直しなどが難しいタイプの保険です。

保険料は月収の5%が目安です。
手取り20万であれば1万円くらいの保険料がベストということです。

5%を大幅にこえると、保険料が負担になってしまいます。

医療費に上限をつけてくれる高額療養費制度

もし手術や入院などで高額の医療費を請求されたら?
と、考えたことはありませんか?

手術で100万円もかかったら払えない…!
貯金がちょっとしかないから入院費が払えるか不安…!

ご安心ください。
日本の国民健康保険には、毎月支払う医療費に上限をつけてくれる高額療養費制度があります。

高額療養費制度の適用範囲は下記のようになっております。

・被保険者の標準報酬月額が53万円以上の場合
15万円+(総医療費-50万円)×1%
・被保険者の標準報酬月額が53万円未満の場合
8万100円+(総医療費-267000円)×1%
低所得者(70歳以上は別)
35400円

この制度があるので、日本はアメリカのように入院費や手術代で破綻することが少ないです。

ただし、保険適用外のものもあります。

保険がきかない入院費用
・食事代
・差額ベッド代
・保険対象外の費用(レーシックや美容整形など)
・衣服代等

健康保険に入っていれば負担は3割ですみますし、高額療養費制度のおかげで支払う医療費にも上限がつきます。
日本の社会保険は、入院しても費用はかなり抑えることが出来るのです。

また、医療費が10万円を超えると税金を控除することが出来ます。
医療費控除といって、確定申告の際に領収書・必要書類を税務署に送れば来年支払う税金が減ります。
サラリーマンの方は経理の方に領収書を提出しましょう。

独身ならば掛け捨てor無医療保険、家族がいるなら医療保険を。

さて、医療保険について学びましたが、独身か既婚か、子持ちか子無しかなどで保険の選び方は大きく異なりますね。20代の独身の方であれば無保険or月々3000円くらいの掛け捨て保険で十分カバー出来ます。
一方で、既婚者の方は家族のことも考えると、定期医療保険などに入っておくと何かあった時に安心です。

保険会社に行けば相談はしっかり受けられますが、これらの知識を頭に叩き込んでおくと、無駄な保険料を支払わずにすみますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする