ブラック大手企業に1年以上勤めるメリットは転職しやすいこと。楽天やユニクロの職歴は転職市場で評価される

http://latest-news33.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_aae/latest-news33/black1-300x261.jpg

 楽天やユニクロ、ソフトバンクなど、大手企業ながらブラック企業として有名で、勤め続けるのが辛い企業に入ってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?
 これらの大企業は、誰もが知っている大企業で平均年収も高い傾向にありますが、内情は日本のブラック企業を体現したような超体育会系文化で、詰めや重いノルマ、長時間労働が常習化しています。

 一時期はこれに加え、TOEICで高得点を採らないとクビになるという社内制度までありました。表向きはグローバル化に対応するということでしたが、実際は社員に負担をかけるだけのお粗末なシステムだったようです。
 英語を強要された社員は、英語を勉強しようにも日頃の労働時間が長いので、勉強する時間も体力も余裕が無いキツイ状況の中でなんとかスコアをとっていたようです。

 こうして見ると、これらのブラック大企業に勤めるメリットはないように思えます。しかし、いくら内情がブラック企業だったとしても、大企業の職歴というのは予想以上に強い武器になるのです。


ブラック企業でも3年勤めれば大企業への転職が可能に!

 ノルマや叱咤の厳しいブラック企業でも、誰もが名前を知っている大企業というのは、履歴書の上では非常に価値のあるものなのです。
 例え1年で退職して第二新卒で転職するにしても、大企業に入社出来ただけで、採用側はその人にポテンシャルがあると判断します。3年も勤めれば転職者としてはポイントが高く、外資系企業やお堅いメーカーへの転職も楽に出来ます。

 実際に、これらのブラック大企業で3年我慢して、ストーブのメーカーに転職した人を知っています。それまで、終電が当たり前の営業だった彼は、メーカーに転職してから遅くとも夜8時に帰宅出来ることに驚いたようです。

 このように、ブラック大企業は普通のブラック企業と違い、知名度がある分、脱出する時に転職しやすいメリットがあります。

最低でも職歴は1年必要

 とはいえ、職歴が1年未満だと、どうしてもそういったメリットが得にくい状況になってしまいます。1年以内の退職は早期退職と見なされやすく、例え大企業の職歴があっても転職が難しくなってしまうでしょう。

 なので、何とか1年我慢する必要があります。
 ブラック企業に勤め続けるのは辛いことですが、転職時のための布石と思えば、少しは希望が持てると思います。ただ、精神が病むようであれば、我慢をする必要はありません。うまく逃げ時を見極めて転職をしましょう。

知名度で会社を選ぶな!ブラック企業に大小は関係ない

 多くの学生が、大企業だからブラック企業のはずがない、と盲目になって就職活動をしてしまいます。これは転職者にも言えることで、知名度と企業イメージに騙されて、ブラック企業に入ってしまう人が多くいます。

 残念ながら、日本は大企業といえど労働基準法が適用されない無法国家です。
 かのトヨタでも、かつて過労死が起きたのですから、もはや転職者である私達が自分の目でブラック企業か否かを判断するしかありません。

 ブラック企業に勤めることは、最悪の場合、死に繋がります。
 労働者として幸せになるためにネットや本、口コミなどで事前に情報を集めてから転職しましょう。

転職エージェントを使ってブラック企業を回避しよう

 転職で一番重要なのは、次は長く働ける会社に就職するということです。

 良い企業を選ぶ際のポイントとして、一つの目安となるのが年間休日です。土日祝日休みという一般的な休みの場合、年間休日は120日以上です。求人を探すときは年は120日以上で検索しましょう。
 また、会社の雰囲気も大切です。
 荒んだ会社は、説明会などで会社にいった時に雰囲気で分かります。直感的に「この会社おかしいな」と思ったら、内定が出ても勇気を出して辞退するべきです。

 ブラック企業やミスマッチを回避する一番の方法は、転職エージェントを利用することです。転職エージェントは事前に求人を出している企業を審査しており、企業の雰囲気や業種など詳しい情報を教えてくれるので、ミスマッチを防ぐことが出来ます。ブラック企業を事前に弾いてくれるので、安心して転職が出来ます。
 また、優良企業の求人も多く持っており、自分一人で就職活動をするより効率的です。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする