やりたい仕事は年齢や経験と共に変化するから新卒で入る業界は興味と直感で選ぶべき

新卒で就職する就活生に多い悩みが「どんな仕事がやりたいのか分からない」というもの。
はっきり言ってしまえば、どんな仕事が向いているかなんて年齢や就業経験で変わっていくもので、新卒でドンピシャ自分のやりたい仕事に就ける確率は地球に巨大隕石が落下してくる確率並みに低い。

よくミスマッチという言葉を聞くが、そんなものは当たり前で、アルバイトで業務が経験出来るベンチャー企業や販売業と違い、多くの企業は入ってからでないと業務や業界の文化を知ることが出来ない。
アイドルを目指していたが、業界の真っ黒な体質に嫌気がさしてアイドルを辞める人がいるのと一緒で、どんな業界も理想と現実は違うもの。その中で自分が何をしたいのか、改めて見つめなおすイベントは新卒で入った新入社員のみならず、中堅社員やベテラン社員になってもたびたび起こりえる。


就職してやりたいことが分からないから自分探し、大いに結構だ。しかし、自分探しのために世界を旅する!と大仰に構えなくても、とりあえず仕事をして自分探しというのも効率が良いと私は思う。
仕事を通じて、はじめて自分のやりたいことが分かったり、やりたい仕事と現実に食っていける仕事の妥協点を見出し、進むべき道や転職における軸が決まったりする。
自分がこの社会でどんな仕事をするべきか、なんて命題は百人十色で、どれが正しくてどれが間違っているなんてものはない。金稼ぎ第一主義でも、家族のためでも、社会貢献でも、恋人に貢ぐためでも何でもいい。
人は生きる意義、仕事をする理由を持たないと社会的に孤立してしまう生き物だ。
同時に考え方や価値観が時間と共に変化する生き物でもある。新卒の就職であーだこーだ悩むよりも、とりあえず興味と直感で就職して、仕事や業界はこういうものか、と知ってみると、意外と将来の展望が見えたりする。
人間は良くも悪くも行き当たりばったりな生き物で、強い意志と目的意識がないとコロコロ転がってしまう。その目的意識を学生のうちから見つけている優秀な学生は良いが、そうでない学生がほとんどだろう。

新卒で悩む就活生に足りないものは経験だ。とりあえず社会に出てみて「これは違う!」と思ったら転職するなり世界を旅して視野を広げるなり、自営業をやってみるなり色々と動いてみるといいだろう。

大切なのは自分を信じること。他人に判断を投げないことだ。意外と本能的に、直感的に選んだ道が正しかったりするのは、無意識で自分のことを理解しているからだ。
自分で選択するということを放棄すれば、他人のいいように使われて捨てられるのがオチだ。ブラック企業は思考力を捨てさせて、鎖で繋ぎとめようとする。だが、自分を信じる気持ちがあれば、どんな鎖も引き剥がせるはずだ。

話が少しそれたが、新卒でやりたい仕事に悩んでいる人は、とりあえず興味本位で面接や説明会を受けてみるのが一番だ。就職なんてものは、軽い気持ちで足を踏み入れて良いのだ。新卒での就職が一世一代の大勝負というのは大げさすぎるだろう、と私は思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする