駅前留学は金の無駄。転職や仕事で英語を武器に使いたければ海外の大学を卒業するのが一番な理由

http://cosmobridge.jp/img/englishclub/eclub02.jpg

本屋に行けば英会話の書籍がこんなにあるのかと言いたくなるくらい山積みにされている。今流行の漫画で学ぶエッセイ本のようなものから指差し英会話、TOEICやIELTSの試験対策本など、日本は本当に英語学習が大好きだな、と感心するくらい、英語需要というものは大きい。
しかし、実際にビジネスで使うレベルの英語となると、電話での不鮮明な英語の聞き取りや即座にフレーズを頭に思い浮かばせるくらいの語彙力、インドなまりやネイティブスピーカーのリンキングした発音などを聞き取り対応しなければならない。

 はっきり言って、駅前留学に1年通っても、ビジネスで使える英語は身につかない。


日本で英語、使いますか?

英語のシャワーを浴びよう、というのは駅前留学スピードラーニングなどeラーニング商品の決まり文句だが、1時間2時間の英語を毎日聞いたところで役には立たない。なぜなら、どんなに練習しても日本にいる限り本番は永遠にやってこないからだ。
日本で英語を強いられる場面なんて、はっきり言ってしまえば1つもない。駅前で外国人に道を聞かれても、いまやスマホGPSナビを使えば一発で案内出来るし、空港や観光名所に訪れる外国人観光客の使う英語なんて一言二言だ。
ビジネスで使われる英語は日常英会話のみならず、業界の専門用語、例えば電機業界ならサーキットブレーカーだの防爆仕様だの、日本語にしても難しい単語がバンバン出てくる。金融業界や他業界でも同じだ。
さらにビジネス習慣も英語圏では日本含むアジア圏とは大きく異なる。言いたいことははっきり主張し、負けを認めない限り謝らない。中国人はいけしゃあしゃあと嘘をつくし、追求が甘いとすっとぼける。
日本人が彼ら異文化の持ち主とコミュニケーションしようとなると、英語が喋れても非常に理解に苦しむことになる。

 つまるところ、彼らのビジネス習慣や文化、生活習慣までも身につけていなければ使い物にならないのだ。

語学留学よりも海外の大学を出た方が良い

さすがに文化や生活までは駅前留学では学べない。1年ぽっちの語学留学なんて海外旅行の準備のようなものだ。となると、どうすれば転職において英語を活かせるレベルに到達するのか?

答えは簡単。海外の大学に通えばいいのである。まず、海外の大学は学費が高い。1年通うのに100~200万する。だが、例えばアメリカなら、学費が安い州もありクソみたいな語学学校に通うよりも断然コスパが良かったりする。
また、大学となると語学学校のように、にわかの日本人がおらず、日本語で会話することや、邪魔されることもなくなる。現地のネイティブ達と共に学ぶことが出来るのだ。
そして、現地のネイティブスピーカー達は大学で勉強をする。日本の大学ほどお遊びに打ち込む大学はないだろうと思うくらい、海外の大学は厳しく、卒業するにはかかりきりで勉強をしなければならない。それも英語でだ。

現地に住み、現地の人々と生活することで、英語だけではなく少なからず習慣や文化を学び、おまけに海外大卒の肩書まで手に入る。これが500万程度の投資と3~4年の学習期間で手に入るのだから、語学留学に100万払うよりもずっとコスパは良い。

生涯学習だの何だのという広告に騙されてはいけない。学びというのはダラダラ長期間やるのではなく、3年程度に期限を定めてガツっとやらなければ身につかないのだ。自転車の乗り方を忘れないのと同様で、英語も仕事で毎日使っていれば忘れない。英語をガッツリ使う仕事を得るためには、海外の大学を出て現地の会社に就職、もしくは海外大卒の肩書をもって日本の外資系企業という厳しい場所にぽーんと自分を放り込まなければいけないのだ。

受験英語は日本でしか通用しない

英語を活かして転職しよう!
などという言葉からは簡単そうなイメージを受けてしまうが、実際には3年血がにじむような努力をして、はじめて転職に使えるスキルとして英語を活用できるようになるのだ。TOEIC何点だろうが語学留学、ワーホリ経験ありだろうが、英語を一生の武器の1つにするには、英語を使う環境に飛び込める実力と資格がなければ、せいぜい英語の塾講師が限界なのだ。

私達は英語を受験の道具としてしか扱ってこなかった。
そのため、英語を学べば転職に役立つ、などと誤解をしてしまいがちだ。しかし、実際はビジネスで要求される英語は英語そのものではなく、ビジネス習慣を含めた英語圏の理解とコミュニケーションを求めているのだ。
日本人が日本で学んだ「ザ・英会話」を現地人とのビジネスバトルに使おうなどというのは、免許取りたての女がF1レースに挑もうというのと一緒なのだ。

英語でも何でも、転職で役立つスキルを得るには3年死ぬ気で打ち込まなければならない。その覚悟が無いなら無いで、語学留学や駅前留学は旅行用の趣味と割り切ったほうが、英語コンプレックスに悩まされず有意義なものになると私は思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする