達筆なら手書き履歴書で転職が有利になる

f:id:moguhausu2:20141022191005j:plain

「あ! 間違えちゃった! また最初からやり直しだ…」

かつて、履歴書は手書きが基本で、1つでも書き間違いがあったら書き直しという写経のような時間と手間のかかる作業だった。

しかし、今ではパソコンで制作することが基本になっており、履歴書の項目をWeb上で埋めるだけでPDF形式保存が出来る便利なサイトもある。


履歴書メーカー

一度、完成した履歴書を保存してしまえば使い回しは容易であり、やり直しもすぐ出来る。これにより、求人への応募のハードルは年々低くなっている。

手書き履歴書はもはや過去の産物と思われがちだが、そこを逆手に取り手書きで履歴書を作成することで差別化する戦略がある。


歴史の浅いベンチャー企業はさておき、そこそこ古い企業やお固い業界であれば、面接官は40代以降の年齢層になる。彼らは、文字が綺麗かどうかで人柄を判断出来るという価値観を少なからず持っている場合が多く、PCで制作された履歴書よりも手書き履歴書を評価することが往々にしてある。

事実、私の担当した字の綺麗な転職者が手書きの履歴書を送った所、高い倍率+未経験者だったにも関わらず採用が決まった。その決めてとなったのは手書き履歴書であり、そこから几帳面でしっかりした性格であるという印象を受けたそうだ。

転職において重要なのはライバルとの差別化だ。手書き履歴書によって、紙一重の差で内定が決まることも少なくない。

字が汚い場合は無難にPCで作るべきだが、もし達筆なら履歴書は手書きにすると、手間はかかるが採用の可能性は上がる。

「それだとPCスキルが無いと思われるのでは?」

という問に対しては、職務履歴書をPCで制作すればいい、と答える。

これでPCスキルと手書きのメリットを両方得ることが出来る。

転職は僅かな差が勝敗を分ける

自分が面倒くさいと思うことは、ライバルも同じように感じているのだ。

しかし、ライバルと同じことをしていては、転職で内定を勝ち取ることは出来ない。ここぞという時に勝敗を分けるのは、僅かな違いなのだ。

正しい敬語や封筒・書類のマナー、そういった基本をキチンとこなせる人材こそ企業が求めている人材なのだ。

もし、転職時に面倒くさいと感じることがあったら、ラッキーだと思うようにして欲しい。その面倒くさいことは、ライバルを出し抜く最高のチャンスなのである。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする